Sales Enablement Blog

min read

ニューノーマル時代の働き方とは?ポイントや注意点、企業事例を紹介

新型コロナウイルスの感染拡大は、社会の構造に大きな変革をもたらしました。
新しい生活様式に移行した現代は、ニューノーマル時代と呼ばれています。
仕事の在り方も大きく変化しており、ビジネスパーソンはそれに対応しなければなりません。
そこで今回は、ニューノーマル時代の働き方のポイントや注意点、企業事例について紹介します。

オンライン商談の成果を最大化させるツール「ailead」の資料ダウンロードはこちら

ニューノーマル時代の働き方とは?

ニューノーマルとは「New Normal」のカタカナ表記であり、これまでとは異なる新常態という意味です。
世の中に大規模な変革が生じた結果、従来の形式から離脱して、新しい常識が標準化したことを指します。
以前からある言葉ですが、新型コロナウイルスの流行をきっかけに広く使われるようになりました。
新たな生活様式が普及したというニュアンスを込めて、現代はニューノーマル時代と表現されることが多いです。
ビジネスも従来どおりには継続できず、多くの面で新しい形式にシフトしました。
詳細は後述しますが、働き方にも新たなスタンダードが次々と生まれています。

新型コロナウイルスの脅威が去っても、社会に起こった変化の大部分は残るでしょう。
一過性の現象ではないことを踏まえ、各企業は感染予防対策を起点として改革に取り組んでいます。
もちろん、従業員もその影響を強く受け、新しいスタイルで働くことが一般的になってきました。

ニューノーマル時代の働き方のポイント

感染予防の観点で人々の暮らしが変わっていくなか、ビジネスの在り方にも見直しが求められるのは必然です。
ニューノーマル時代の働き方のうち、ポイントとなる3点について紹介します。

テレワークの導入

以前から働き方改革によって、テレワークの導入が推奨されていました。
テレワークとは、出社せずに上司や同僚とインターネットで連絡を取りながら勤務する方法を指します。
それが新型コロナウイルスの影響で一気に普及することになりました。
職場が密の状態になることを避けるため、感染予防対策の主軸として各企業が積極的に取り入れました。
導入に費用はかかりますが、交通費をはじめとして節約できる経費も少なくありません。
家事や育児も行いやすくなるなど、従業員のワークライフバランスに関してもメリットが大きいです。

システムやツールの活用

紙の資料をはじめとして、物の受け渡しは感染のリスクを高める行為です。
それを改善するために、さまざまな面でデジタル化が進められました。
たとえば、電子決裁のシステムを採用すれば、申請書が関係者の間を巡ることはなくなります。
営業支援ツールを用いると、報告書を提出しなくても簡単に情報の共有が可能です。
就業管理システムを導入した職場では、タイムカードを管理する必要がありません。
また、オンライン会議では資料を電子ファイルで配布します。

自由度の高い出勤スタイル

テレワークが望ましくても、職場での作業や対面式のやり取りが必要で、出社しなければならない場合もあります。
そのようなケースでも感染リスクを下げるため、通勤時間や通勤方法に柔軟性を持たせる企業が増えました。
フレックス勤務制度を採用してコアタイムも設けないなど、スケジュールに関する制約を小さくすることが多いです。
電車などの交通機関ではなく、マイカーでの通勤を認めることも基本的な施策となっています。

ニューノーマル時代の働き方における注意点

ニューノーマル時代の働き方は、感染予防の他にも、企業や従業員にプラスの作用をもたらします。
ただし、新たなリスクを生み出すことも忘れてはいけません。
ここでは特に注意が必要な2点について解説します。

コミュニケーションの減少

対面を避けることが基本なので、従業員同士の関係が希薄になりがちです。
同僚に伝えたいことや確認したいことがあるとき、同じ職場にいれば手軽に話しかけられます。
一方、テレワークだと電話やメールで連絡する必要があり、それを面倒に感じて省略しやすくなります。
また、休憩中の雑談や飲み会によって親睦を深める機会も少ないです。
このような状態だと連携不足が起こり、チーム力の低下につながることが懸念されます。
連携を取りやすくする営業支援ツールの導入などを検討しましょう。
また、上司と部下のコミュニケーションが少ないと勤務の実態を把握しづらいので、就業管理の手段についても改善を要します。

セキュリティ関連のトラブル

テレワークや各種ツールの活用など、ニューノーマル時代はオンラインを軸とした働き方が主流になります。
そのため、インターネットのセキュリティ対策がこれまで以上に必要です。
また、パソコンなどの情報端末やUSBメモリなどの記憶媒体を社外に持ち出す機会が多いです。
そのため、暗号化ツールなどを用いて、盗難や置き忘れといったトラブルに備えなければなりません。
社外で使用した際、コンピューターウイルスに感染する恐れもあります。
それを社内LANに接続すると、被害が及ぶ範囲は企業全体に広がってしまいます。
これらのリスクを避けるため、情報端末などの運用ルールを整備することも急務です。

ニューノーマル時代の働き方に関する企業事例

以下に挙げるのは、ニューノーマル時代の働き方を推進している企業の例です。

Yahoo! JAPAN(ヤフー株式会社)

2022年以降、新型コロナウイルスの感染状況が落ち着くにつれ、従業員に出社を求める企業も徐々に増えてきました。
そのような風潮のなか、Yahoo! JAPANはオンラインの働き方をさらに強化していく方針です。
たとえば、コミュニケーション不足の対策として、インターネットで参加できるイベントを頻繁に実施しています。

富士通株式会社

「Work Life Shift」というコンセプトで、生活と仕事を豊かにするという目標を掲げています。
ニューノーマル時代に移行するなか、両者のシナジーを追求し、さまざまな面で従業員のサポートを続けてきました。
たとえば、作業の多くをデジタル化することで、テレワークでも職場と変わらないパフォーマンスを発揮できるように工夫しています。

カルビー株式会社

こちらもテレワークを中心とした多角的な取り組みを進めている企業です。
WEB会議システムによる新しいコミュニケーションの方法を浸透させました。
名刺の電子管理や書類の電子捺印など、IT技術によって業務の効率化にも成功しています。
テレワークで業務を十分に行えるなら単身赴任を解除するなど、従業員の生活面への配慮を欠かさないことも特徴です。

aileadを活用してオンライン商談の成果を最大化させよう

今回は、ニューノーマル時代の働き方のポイントや注意点、企業事例などについて紹介しました。
オンライン商談は、移動の時間が必要なく数をこなしやすい反面、その分十分に振り返りを行えている企業が少ないです。
商談数を増やすだけでなく、その後の受注率を向上させるためには、録画データをURLで共有してフィードバックをもらったり、会話の自動分析機能を確認するなどして、PDCAサイクルを回すことが重要です。
ぜひ、aileadを活用してオンライン商談の成果を最大化させましょう。

↓aileadの資料ダウンロードはこちらから↓

Daisuke Hashimoto

Customer Success & Marketing

複数のサブスクリプション、SaaSビジネスの立ち上げやグロースの支援を行なっております。特に、リードジェン(SEM、イベント周り)、CSの立ち上げ・立て直しが専門領域です。

「ailead」サービス資料請求・お問い合わせ

aileadの機能詳細等を掲載したサービス資料をダウンロードいただけます。

会社名
必須
お名前(姓)
必須
お名前(名)
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
役職
必須
お問い合わせ内容
必須
お問い合わせ詳細
プライバシーポリシー

に同意の上送信してください。

送信完了しました。
担当者からご連絡致しますので、しばらくお待ち下さい。
ご入力情報に誤りがあります。
会社名
必須
お名前(性)
必須
お名前(名)
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
お問い合わせ内容
必須
お問い合わせ詳細
プライバシーポリシー

に同意の上送信してください。

送信完了しました。
担当者からご連絡致しますので、しばらくお待ち下さい。
誤入力情報に誤りがあります。