Sales Enablement Blog

min read

質の高い営業ターゲットリストの作成方法とアプローチ方法を紹介

営業活動ではさまざまなデータやツールが活用されています。
それらのデータやツールのなかで営業ターゲットリストは特に重要ですが、やみくもに作るのは良くありません。
新規顧客やリピーターを獲得できる確率を上げたいのであれば、質の高いものを用意する必要があります。
今回は、営業ターゲットリストの作成方法や顧客にアプローチする方法などについて紹介します。

オンライン商談の成果を最大化させるツール「ailead」の資料ダウンロードはこちら

営業ターゲットリストとは?

営業ターゲットリストとは、その名のとおり営業活動においてアプローチすべき顧客の一覧です。
名前だけでなく、住所や電話番号をはじめとして、営業活動に用いられるデータが案件ごとにまとめられています。
日本のビジネスシーンでは古くから使われており、時代によって掲載される項目は変化してきました。
現代では、インターネット関連の情報も載せることが多いです。
メールやホームページのアドレスに加え、SNSのアカウントなどを記すことも珍しくありません。
すでに取引した実績があるなら、受注内容に関するデータも書いておくのが一般的です。
具体的な項目としては、購入された商品の名前や金額、納期などが挙げられます。

質の高い営業ターゲットリストの条件

顧客のデータは鮮度の高いものでなければなりません。
電話番号が変わっているなど、データが現状にそぐわない状態だと、アプローチしても接触すらできない場合があります。
そのため、最新の情報にアップデートされていることは、質が高い営業ターゲットリストの基本的な条件です。
また、データが新しいだけでなく、精度が十分であることも条件といえます。
顧客の名前が間違っていたり、重複して登録していたりすると、相手の不快感や非効率なアプローチにつながりかねません。
営業の第一線で活用するには、信頼に値する営業ターゲットリストが必要です。
したがって、質を高くするために入力規則やチェック体制などの整備も求められます。

営業ターゲットリストの作成方法

前述のように、営業ターゲットリストは鮮度や精度の高さが重要です。
その条件を満たすデータがあれば、優れたものをエクセルなどで簡単に作れます。
名前や電話番号といった項目をリストの上段に設け、その下に該当する情報を入力していくだけで良いためです。
言い換えると、正確なデータを効率よく用意する手段が作成方法の目玉となっています。
以下に挙げる3点が代表的なので覚えておきましょう。

インターネットで調査

顧客が企業なら、インターネットでさまざまなデータを入手できます。
企業のホームページには、所在地や問い合わせ先といった貴重な情報が載っているためです。
ただし、ターゲットになりうる企業を探すことからスタートする必要があります。
検索エンジンだけに頼るのは効率が悪いので、業界団体のホームページを活用しましょう。
そこに掲載されている企業リストをチェックすると、絞り込みのスピードを速められます。
たとえば、製造用の機材を売りたいなら、工業団体の企業リストに目を通すと良いでしょう。
また、採用活動中の企業に関しては、求人サイトの情報も参考になります。
配属先の部署に関するデータが載っているケースも少なくありません。

名刺の掘り起こし

社外における業務が多い営業担当者は、名刺を受け取る機会がよくあります。
そのなかには、もらったままで活用していないものも多いでしょう。
各自が保管している名刺は、顧客情報の宝といっても過言ではありません。
相手は自社と何らかの接点があったはずなので、見込み客として有力な候補になるためです。
とはいえ、営業担当者一人ひとりから名刺を集めると、手間がかかるうえに管理のミスも生じやすくなります。
したがって、名刺をスキャンして電子的なデータに変換するのが得策です。
そのような機能を持つ営業支援ツールもあるので導入を検討すると良いでしょう。
データを共有しておけば、必要に応じて顧客ターゲットリストを作成できます。

データの購入

他社が提供しているリストを購入することも有効な方法の一つです。
費用を支払う代わりに、調査にかける手間を大きく削減できます。
自社の営業ターゲットリストに近いフォーマットであれば、そこに追加する作業にも大して時間はかからないでしょう。
ただし、この手段で作成するときは細心の注意が必要です。
購入自体は違法ではありませんが、それは販売側が法的に問題のない手段で入手したデータに限られます。
個人情報保護法に抵触している可能性がある業者から買うことにはリスクを伴います。
そのため、違法性がないかどうか入念な確認が不可欠です。
一方、法人はたいていの情報を開示しているため、法人のリストなら基本的に問題なく使えます。

営業ターゲットリストを用いたアプローチ方法

営業ターゲットリストが、飛び込み営業やテレアポに使えることは容易に想像できるでしょう。
実際には、それ以外にもアプローチの仕方は多岐にわたります。
そのなかで特によく行われている方法は下記の3点です。

DMやメルマガ

リストに載っている連絡先に向けて、商品に関するDMやメールを送ります。
それを見て興味を持ってもらえた場合、詳しい資料を送付することで商談への誘導が可能です。
顧客のアクションに応じて、自動的にステップメールを返信できる営業支援ツールも見受けられます。
継続的な購買を視野に入れ、顧客とのつながりを強めるためにメルマガ配信の登録を促すことも基本的なアプローチです。

セミナーや展示会

自社のセミナーや展示会に関する案内をターゲットに向けて発信します。
わざわざ足を運ぶという労力と時間が必要なので、招待に応じてもらえる可能性は高くありません。
しかし、出席してもらえた場合は、強い関心を持っていると判断が可能です。
売上につながる有力な見込み客なので、優先的に営業のリソースを投入する価値があります。
良好な関係の構築に向け、丁寧な接客によって今後の約束を取りつけることがポイントです。

既存客による紹介

営業ターゲットリストを使って間接的にアプローチする方法もあります。
具体的には、所属している組織や集団が記載されている顧客に対し、紹介を依頼するというものです。
たとえば、地域のコミュニティに属している既存客に「お困りの方に心当たりがあるならご紹介いただけると幸いです」といったお願いをしておきます。
これによって、コミュニティに属する見込み客と接触できる可能性が生まれます。

aileadを活用してオンライン商談の成果を最大化させよう

今回は、営業ターゲットリストの作成方法や顧客にアプローチする方法などについて紹介しました。
オンライン商談は、移動の時間が必要なく数をこなしやすい反面、その分十分に振り返りを行えている企業が少ないです。
商談数を増やすだけでなく、その後の受注率を向上させるためには、録画データをURLで共有してフィードバックをもらったり、会話の自動分析機能を確認するなどして、PDCAサイクルを回すことが重要です。
ぜひ、aileadを活用してオンライン商談の成果を最大化させましょう。

↓aileadの資料ダウンロードはこちらから↓

Daisuke Hashimoto

Customer Success & Marketing

複数のサブスクリプション、SaaSビジネスの立ち上げやグロースの支援を行なっております。特に、リードジェン(SEM、イベント周り)、CSの立ち上げ・立て直しが専門領域です。

「ailead」サービス資料請求・お問い合わせ

aileadの機能詳細等を掲載したサービス資料をダウンロードいただけます。

会社名
必須
お名前(姓)
必須
お名前(名)
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
役職
必須
お問い合わせ内容
必須
お問い合わせ詳細
プライバシーポリシー

に同意の上送信してください。

送信完了しました。
担当者からご連絡致しますので、しばらくお待ち下さい。
ご入力情報に誤りがあります。
会社名
必須
お名前(性)
必須
お名前(名)
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
お問い合わせ内容
必須
お問い合わせ詳細
プライバシーポリシー

に同意の上送信してください。

送信完了しました。
担当者からご連絡致しますので、しばらくお待ち下さい。
誤入力情報に誤りがあります。