Sales Enablement Blog

min read

SWOT分析とは?作成方法やポイント、分析事例を紹介

「SWOT分析」は事業や経営戦略の分析において使われるフレームワークです。
ビジネスの現状を多角的に見ることができるため、事業全体など大きなものだけでなく個人の業務見直しのような小さいものの分析にも活用されています。
今回は、SWOT分析の作成方法やそのポイント、分析結果の活用方法について紹介します。

オンライン商談の成果を最大化させるツール「ailead」の資料ダウンロードはこちら

SWOT分析とは?

SWOT分析は「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」の4つの言葉の頭文字をとった事業分析フレームワークです。
これら4つの言葉は、それぞれ内部環境におけるプラス要因・マイナス要因、外部環境におけるプラス要因・マイナス要因という意味があります。
事業の現状においてこれらの言葉に当てはまる要素を洗い出し、そこから効率的な戦略を分析していきます。

SWOT分析は、事業の強みだけでなく弱みも分析して戦略を練ることができることがメリットです。
事業の分析を行う際、そのポイントとして特徴的となる強みを取り上げてしまいがちですが、SWOT分析では弱みについても内部要因・外部要因の2つの観点から分析ができるため、客観的な分析が可能です。
ただしその一方で、分析項目が4つの言葉だけに限定されていることには注意する必要があります。
それぞれの言葉に当てはまる要素だけを抽出していくと、そこから取り除かれてしまう要素も出てくる可能性があります。
SWOT分析においては、そのような分析の偏りに注意しつつ情報整理を行なっていく必要があります。

SWOT分析の作成方法

それでは、ここから具体的にSWOT分析をする方法を見ていきましょう。
SWOTの4項目について分析対象の事業がどのような要素を持っているか洗い出していきますが、まずは外部環境にあたる「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」から分析することがおすすめです。
外部環境とは、具体的には事業を取り巻く市場の規模や今後の将来性を指します。
自社の競合などミクロな視点だけでなく、市場の規模や将来性、社会全体の景気などマクロな視点からも考えていくことが大切です。

1.「機会」「脅威」の洗い出し

「機会」「脅威」の見つけ方をより具体的に考えていきましょう。
これら外部環境の分析では、「PEST分析」「ファイブフォース分析」といった分析フレームワークを活用すると効果的です。
PEST分析とは、「Politics:政治」「Economy:経済」「Society:社会」「Technology:技術」の4つの言葉の頭文字をとった情勢分析フレームワークです。
分析対象となる事業の周囲を取り巻く環境として、PESTの4つの言葉それぞれに当てはまる要素を洗い出すことで効率的に分析ができます。

また、もう一方のファイブフォース分析は、同じように業界の「新規参入企業」「代替品」「売り手の交渉力」「買い手の交渉力」「既存競合他社」という5つのジャンルをもとに要素の抽出を行う分析方法です。
これらはいずれも自社の利益に直結する外部要因であるため、この5つにどのように向き合って対策していくかを考えることで外部環境を分析できます。

2.「強み」「弱み」の洗い出し

続いて、「強み」「弱み」を洗い出していきます。自社サービスに対してこれらを考えようとするとどうしても主観的になってしまいがちですが、先ほど洗い出した外部環境要因も踏まえて客観的な分析をすることが重要です。
客観的な情報にするために、具体的な数値で表すことも効果的でしょう。
強みや弱みの分析対象となる例としては、「認知度合い(ブランド力)」「自社の資源」「品質」「価格」などが挙げられます。

3.クロスSWOT分析の活用

以上のようにSWOTそれぞれの要素を抽出できたら、次にこれらを「クロスSWOT分析」によりさらに詳しく分析していきます。
クロスSWOT分析とは、洗い出された各要素を掛け合わせて分析する考え方です。
例えば、「機会」で出た要素と「強み」で出た要素の関係性を考えていきましょう。
「機会」では外部要因として好調な要素が洗い出されていて、「強み」では自社が既に持っている良い要素が洗い出されています。
つまり、これらに共通する要素は強めていきやすく、市況的にも大きな成長ができると見込まれます。

これが「機会」と「弱み」の共通要素の場合はどうでしょうか。
これは外部環境として成長の余地がありつつも自社が得意としていない部分を指すため、優先して改善することが望まれるといえます。
とはいえ「弱み」としている以上は改善が難しいものも多いでしょうから、数を絞って重点的に対策を施すのが効果的です。
同様に「脅威」と「強み」、「脅威」と「弱み」に関しても、それらを掛け合わせて分析することで、外部環境のマイナス要素に対して自社がどのような働きかけをして回避できるのか、また対策が必要となってくるのかを分析するための指標となります。

SWOT分析の活用事例

それでは、SWOT分析では具体的にどのような分析ができるのでしょうか。
ここでは分かりやすく「日本マクドナルド」を例にとってSWOT分析をしてみましょう。

まず、外部環境から見ていきましょう。
現在の社会情勢などを考えると、「機会」となるプラス要因として、1人でも外食している人の増加や、高付加価値商品がよく売れていることなどが挙げられます。
反対に「脅威」となるマイナス要因では、他業種が外食産業に参入していたり、そもそも外食の機会が減っていることなどが挙げられます。

次に内部要因を見ていきます。
「強み」としては高い認知度・ブランド力があり、企業規模が大きく新規の商品開発力があり店舗数も多く、またファミリー層に強いことです。
しかし「弱み」として、安い価格から来る安っぽいというイメージや、安価なため薄利となる点が挙げられます。

それでは、これらの情報をもとにクロスSWOT分析をしていきましょう。
まず「機会」では高付加価値商品の売れ行きが好調なため、「強み」であるブランド力や商品開発力を生かしたキャンペーン商品を打ち出せると考えられます。
この施策がうまくいけば、「弱み」である安っぽいイメージの解消にもつながる可能性があります。

また「脅威」となる外食の機会減少に対しては、「強み」である店舗数の多さを活かすことが可能です。
例えば店舗からの宅配ができるようになれば、1人で外食がしたい人や自宅で気軽に外食商品が食べたい人による売り上げ増加が見込めます。
このように外部環境・内部環境を組み合わせて分析することで、その事業の持ち味を活かした施策を考えることができるようになります。

aileadを活用してオンライン商談の成果を最大化させよう

今回は、SWOT分析の作成方法やそのポイント、分析結果の活用方法などについて紹介しました。
オンライン商談は、移動の時間が必要なく数をこなしやすい反面、その分十分に振り返りを行えている企業が少ないです。
商談数を増やすだけでなく、その後の受注率を向上させるためには、録画データをURLで共有してフィードバックをもらったり、会話の自動分析機能を確認するなどして、PDCAサイクルを回すことが重要です。
ぜひ、aileadを活用してオンライン商談の成果を最大化させましょう。

↓aileadの資料ダウンロードはこちらから↓

Daisuke Hashimoto

Customer Success & Marketing

複数のサブスクリプション、SaaSビジネスの立ち上げやグロースの支援を行なっております。特に、リードジェン(SEM、イベント周り)、CSの立ち上げ・立て直しが専門領域です。

「ailead」サービス資料請求・お問い合わせ

aileadの機能詳細等を掲載したサービス資料をダウンロードいただけます。

会社名
必須
お名前(姓)
必須
お名前(名)
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
役職
必須
お問い合わせ内容
必須
お問い合わせ詳細
プライバシーポリシー

に同意の上送信してください。

送信完了しました。
担当者からご連絡致しますので、しばらくお待ち下さい。
ご入力情報に誤りがあります。
会社名
必須
お名前(性)
必須
お名前(名)
必須
メールアドレス
必須
電話番号
必須
お問い合わせ内容
必須
お問い合わせ詳細
プライバシーポリシー

に同意の上送信してください。

送信完了しました。
担当者からご連絡致しますので、しばらくお待ち下さい。
誤入力情報に誤りがあります。